三菱ケミカルホールディングスは、AI(人工知能)の中核技術である機械学習を事業に活用できるツールを新たに開発した。機械学習を活用したプロジェクトは世界的に広がっているが、データや技術偏重のツールが多く、利用者の視点が不足し失敗に終わるケースが少なくない。開発したツールは、プロジェクトを成功に導くための要素を整理したもので、プロジェクトに必須な項目を過不足なく検討できる。同社は、これまで機械学習を用いた数十のプロジェクトを手がけており、得られた知見をもとにフレームワークを開発した。自社だけでなく一般にも広く公開し、機械学習・AIの普及とデータ駆動型社会の進展に貢献していく考え。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る