東京パラリンピックまであと2年と迫る今年秋、三菱ケミカルホールディングスは開発を進めているスポーツ用義足の実走を始める。競技者の最高のパフォーマンスを引き出す義足ブレードを3次元動作解析と計算科学により設計し、素材には軽量で強度・弾性に優れる炭素繊維複合材料を用い作製する。アスリート向けの義足開発で究めていく知見は将来、一般用義足にとどまらず、超高齢化社会をにらみ、高齢者などの歩行支援といった新たな事業に発展させる足がかりにする。

スポーツ用義足の開発に用いているブレード

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る