三菱電機子会社の三菱スペース・ソフトウエア(兵庫県尼崎市)は、がん遺伝子検査サービスの普及に力を入れる。国内約20の医療機関を経由し、自費診療としてサービス展開するものの、患者負担が70万~80万円と高価なため普及していない。慶応義塾大学病院と共同研究し、遺伝子解析の量や内容をコンパクトにする新手法を構築する。患者負担5万~6万円を実現する新サービスを2019年度内にも立ち上げる方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る