三菱マテリアルは、車載用リチウムイオン2次電池(LiB)のリサイクル技術の開発を推進する。市況変動に左右されにくいシステム構築を狙いに、回収するコバルト/ニッケルの用途分野およびそれに適した原料化技術の確立を目指す。「EV to EV」(電動自動車から電動自動車へ)のクローズドシステムを実現する電池材料をはじめ、自社で展開する超硬工具原料などの用途を想定し、再生用途の選択肢を広げることでオペレーションの柔軟性を確保する。同社では2022年度の事業化を計画しており、独自の技術開発をベースにシステムの差異化を図る。続きは本紙で

実証実験を進める日本磁力選鉱ひびき工場のコバルト・ニッケル精製装置

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る