三菱電機は、スマート工場向けソリューションを強化する。工場内ネットワークとFA(ファクトリーオートメーション)を連携。最新のタイムシェアリングネットワーク(TSN)規格「CC-LINK IE TSN」による配線簡素化・機能強化と、産業機械の機能拡充やカメラ活用を複合して提案する。5G(第5世代通信)との連携やAI(人工知能)技術などソフトウエア利用も合わせ、統合ソリューション「e-F@ctory」の普及につなげる。続きは本紙で

最新TSN規格と機器やサービスを融合

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る