三菱電機は工作機械のスマート化を推進する。独自のコンパクトAI(人工知能)「マイサート」、IoT(モノのインターネット)、産業用ロボットを組み合わせ、搬送工程を含めた全工程の完全自動化を実現させる。放電加工機自動化システム、ワイヤー放電加工機自動化システム、ファイバーレーザー加工機自動化システムなどを相次いで開発しており2019年度以降、市場投入を本格化する。

ワイヤー放電加工機自動化システムは産業用ロボと組み合わせ生産性を向上

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る