三菱電機は、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)への取り組みを強化する。エレベーター、エスカレーター、空調、発光ダイオード(LED)照明、無停電電源装置(UPS)などビル設備を幅広く取り扱っているため、センサーやIoT(モノのインターネット)と連動させた最適なビル制御を可能にする。すでに熊本市の白鷺電気工業本社ビルで実績を持つほか、50件ほどの引き合いがきている。10階程度の中規模ビルに照準を定め、採用案件を増やしていく。


三菱電機のZEB関連設備を導入した白鷺電気工業新本社ビル

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る