【上海=但田洋平】中国政府が炭素繊維を戦略性材料と位置づけて国産化を進めるなか、中国石化(SINOPEC)グループの上海石化股份有限公司はポリアクリロニトリル(PAN)系ラージトウ(LT)炭素繊維の量産化を急ぐ。このほど、国内の専門鑑定機関の品質評価試験を通過し、今後の事業化に弾みをつけた。風力発電ブレードや自動車材料向けの採用拡大へ向け、企業と交渉に入るなど事業の積極展開に舵を切る。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る