上野製薬は汎用樹脂とアロイ化できる液晶ポリマー(LCP)の提案を強化する。ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリエチレンテレフタレート(PET)との複合材料でLCPの耐熱性やガスバリア性を汎用樹脂に付与する。今年中にも初の実績化を見込む。車載用コネクターやミリ波レーダー向けに高耐熱や低誘電タイプのグレード開発が活発化するなか、あえて融点を下げるグレードを開発。逆転の発想で汎用樹脂の巨大市場に進出し、新市場を生み出す考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る