不二越は、独自開発した特殊な射出成形機用スクリュー部品で、フッ素樹脂加工業界に切り込む。従来品の強度を大きく凌駕する合金により、フッ素樹脂を射出成形する際の高圧充填を可能としたスクリューを開発したことで、複数のフッ素樹脂加工メーカーにおいて、他成形法で製造していた製品の射出成形への切り替えなどが検討され始めている。圧縮成形などに比べて成形サイクルを短縮できる射出成形方式は顧客にとってのコストダウンにつながるため、フッ素樹脂の可能性を大きく広げられる可能性を秘める。続きは本紙で

遠射出圧の大きな複雑形状や大型品の量産を実現する「NPR-FX25」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る