中国のベンゼン輸入が前年並みに落ち着いてきた。今年は年初から余剰玉が主に中国に吸収され、輸入は3月まで月30万トン超の高水準で推移していたが、アジアから米国向けの輸出が増加するなか、10万トンを割り込むまで縮小した。1~9月累計で前年同期比3・8%減の166万900トンとなり、若干ながら前年割れに転じている。このうち、最多の韓国品は19・3%増の94万6800トン。昨年に新規設備が立ち上がったベトナムからは2・3倍の4万2000トンが入着した。このほか、ブラジル品が新たに参入している。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る