【上海=但田洋平】中国の国家発展改革委員会(発改委)は内モンゴル自治区のフフホト、包頭、オルドス3市と陝西省の榆林市を一体で捉えた発展計画を策定した。成長の遅れた北西部地域振興の要と位置づけ、トップレベルのエネルギー・化学産業や新材料産業を育成する。ファインケミカルなど化学産業の成長促進のため、京津冀(北京・天津・河北省)地域との間に化学品の輸送パイプラインを設ける検討にも乗り出した。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る