【上海=但田洋平】かねて燻っていた中国の国有化学大手2社の合併観測が実現へと動き出しそうだ。これまで中化集団(シノケム)と中国化工(ケムチャイナ)ともに否定してきたが、このほど中化集団の寧高寧董事長(会長職に相当)が両社トップを兼務することが分かった。国有企業のトップが兼務されるのは珍しく、政府による両社合併のサインとの見方が大勢。単純合算で兆円を優に超える売上高を持つ巨大企業の誕生は市場に与える影響も計り知れない。

つづきは本紙をご覧ください

新聞購読のご案内

経営の最新記事もっと見る