【上海=但田洋平】中国において今年も、化学品や関連製品の生産や取り扱いに対する規制が本格化してきた。大気汚染対策として、各地方政府が夏季や秋・冬季の生産ピークシフトを計画。リスクの高い危険化学品車輌の通行制限などの取組みも進む。制限時期にあわせて定期修理のスケジュールを変更するなど、日系化学企業にも柔軟な操業計画が求められている。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る