【江陰(江蘇省)=但田洋平】ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPEE)を手がける江陰和創弾性体科技有限公司(へトロン・エラストマー、江陰市)は海外市場開拓を本格化する。2014年設立の新興メーカーだが、着実に技術力を磨き輸出市場でも戦える力が備わってきた。来年にも南通市に新工場を開設し、年産能力を2倍の1万6000トン程度に引き上げる。安定した品質と生産能力を生かし、ダウ・デュポンやDSMなど世界大手の牙城を切り崩す。


江陰市のTPEE工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る