【上海=但田洋平】フッ素系製品やクロルアルカリ製品を扱う中国国有化学大手、巨化集団有限公司(浙江省衢州市)の沈銘華副董事長が化学工業日報の取材に応じ、事業環境や経営方針について語った。成長期待の新材料分野では半導体向けの高純度ガスなど電子材料事業に注力する姿勢を示し、半導体関連市場で中国を牽引していく構え。ハイエンド製品へのモデルチェンジや海外展開の拡大などにより「世界一流企業へ飛躍したい」と力を込めた。

沈銘華副董事長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る