【常州(江蘇省)=但田洋平】中国の不飽和ポリエステル樹脂(UPR)最大手の新陽科技集団有限公司(常州市)は、樹脂の生産能力を2倍となる56万トンに引き上げる。まずは2020年6月までに19万トンを増強し、その後、スクラップ&ビルドも含めて段階的に能力を引き上げる。米中の貿易摩擦の影響などを受け足元の需要は鈍っているが、中長期的な市場成長を見越し、華北と華南で能力を拡大する。原料の無水マレイン酸についてもブタジエン法の6万トン設備を立ち上げる計画。繊維強化プラスチック(FRP)や石英石の市場拡大に備えて事業基盤を強化し、国内トップの地位を固める。続きは本紙で

原料のコスト改善も模索(常州市の本社・工場)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る