【上海=但田洋平】中国の生態環境部は、来年から環境保護のための中央査察の第2弾を開始する。期間は4年間で、3年かけて全国を周り、最終年は査察の見直しや改善点の確認作業に充てる方針。第1弾の2年間で行った査察の修正状況をチェックし、改善がみられない地域や企業に対しては、より厳しい処罰などを実施する。中央政府が環境規制を緩める気配はない。

華北部は大気汚染対策が道半ばの状況(白くかすむ河北省廊坊市)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る