【瑞安市(浙江省)=但田洋平】中国の大手民営企業である華峰集団(フワフォングループ、瑞安市)はグローバル企業への飛躍を図る。ポリウレタン(PU)材料やアジピン酸など国内トップクラスの規模を誇る主力製品は、さらなる生産能力増強や産業チェーンの拡充を進める。国際貿易拡大のためグループ事業を束ねる国際貿易部も新設した。広域経済圏構想「一帯一路」や人口増が期待される地域を軸に海外で製造・販売拠点も設置したい考え。構造改善を加速し、中国の第14次5カ年計画(2021年~)期間には売上高1000億元(1兆5000億円)の達成を目指す。続きは本紙で

新たなR&D棟も建設する(本社も構える瑞安市の中核拠点)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る