中国の中国巨石が、ガラス繊維の生産能力として年産200万トンの大台に乗せた。本社工場のある浙江省桐郷市では単一拠点で同100万トンキャパシティを実現。中国内の他2工場も増強しており、さらにエジプト、米国の工場分を合わせてちょうど200万トン体制とした。さらに同社はインド・マハーラーシュトラ州に同10万トンの工場を建設中。米中貿易摩擦など世界の貿易環境に不穏な雰囲気が漂うなかにあっても、世界最大のガラス繊維サプライヤーとして拡張路線をさらに追求し、圧倒的なナンバーワンサプライヤーとしての地位をさらに強化していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る