中外製薬は、医薬品包装業務を完全外注化する検討に入った。武州製薬(埼玉県)を始めとした複数企業に委託する方向で具体的な協議を重ねており、準備が整い次第、小ロット品から、順次、実行する。移行期間は数年となる見通し。必要に応じて、委託先への技術指導も実施し、中外で行っていた時と同様の安定生産体制と品質確保に努める。続きは本紙で

宇都宮工場(写真)などの包装業務すべてが対象

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る