中外製薬は、自社原薬の製造プロセスを効率化するため、外部の受託合成サービスを積極的に活用していく。新薬になる化学合成品の製法が複雑化する一方、開発全体では従来以上のスピードアップを求められるようになってきた。中外は原薬合成の上流を中心に複数のCMO(医薬品製造支援)サービスを利用し、複数の自社品を同時開発していく。また創薬やCMC、製造部門が一体化し、同社の重点テーマである「複数同時開発」「高速上市」を実現できる体制を強化する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る