中村超硬(大阪府堺市)は、電池用ナノサイズゼオライトの提案活動に乗り出す。同用途に最適な種類のゼオライトを見いだし、粒子径を50ナノメートルまで最小化する技術を確立したことで、リチウムイオン2次電池(LiB)などへの添加を可能とした。電池の安全性向上や長寿命化につながるといった利点を訴求し、スマートフォンをはじめ、さまざまな製品に搭載されているLiBなどに採用を働きかける。サンプルワークを本格化し、早期の事業化を目指す。続きは本紙で

粒子系は最小50ナノメートル。主要部材に悪影響を与えず、製品設計の自由度も損ねない

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る