化学品物流の丸善(東京都江東区)は、京葉油槽所(千葉県市川市)に温風タイプのドラム缶加温設備を完成させた。老朽化した従来の設備をリプレースしたもので、温度を設定の範囲内でコントロールできる機能を新たに付加。温度の上限値のあるシビアな製品を含めて従来以上に多様なニーズにきめ細かく対応できる体制を整えた。同社は旺盛な化学品保管需要に対応するため、2018年秋に柏事業所(千葉県白井市)の増設を完了しており、引き続き新拠点の設置も視野に倉庫事業の拡大を検討している。続きは本紙で

京葉油槽所に完成した温風タイプのドラム缶加温設備

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る