丸紅は、オレオケミカル事業を強化する。「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO)に認証ずみのパーム油由来品市場に参入し、まず脂肪酸の在庫販売を開始した。持続可能なパーム油利用のニーズは、2020年の東京五輪開催を機に増える見通し。国内のトイレタリーや化粧品などのメーカー向けに売り込み、採用拡大を目指す。RSPO認証由来品の在庫販売を国内で初めて請け負うことで、関連顧客の先行した取り込みと、乱高下しやすい商品の付加価値化による収益拡大を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

 

エネルギー・素材の最新記事もっと見る