丸紅の100%子会社である丸紅情報システムズは3Dプリンター事業を強化拡大する。このほど車のテールランプの赤色をリアルに発色できる樹脂の日本市場での紹介を開始した。プロトタイプの作成に適しており、独アウディで採用実績がある。実部品や治工具を直接製造できる3Dプリンターも改良型を含めて提案する。また今年2月から金属3Dプリンターの販売も開始した。自動車関連をはじめ幅広い業界に積極的に拡販していく。

Stratasys J750でリアルに赤色を実現したテールランプを作製

 

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る