京セラは卓上サイズのフローケミストリー装置を開発した。キューブ状のマイクロポンプや混合器などを組み合わせることでフロー全体をカバーするシステムを完成させた。必要に応じてヒーターや光照射などの機能を持つキューブを追加することもできる。流速モニターでは異なる相の流体が交互に流れる「スラグ流」に対応した流速計も新たに開発。気体に着色することなく測定できるようにした。将来は装置をスケールアップし、量産機として活用することも視野に入れる。続きは本紙で

キューブを組み合わせた卓上型フローケミストリー装置。マイクロポンプ・混合器・流速モニター・滞留器の基本セットをすべて自社開発で揃えた

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る