京セラは、アンテナとバッテリー、センサー内蔵のトラッキングデバイスの販売を今月から本格化する。携帯エリアでつながるセルラーLPWA(省電力広域通信)対応で、位置情報に加え環境データの計測が可能。物流、空調、建造物の監視のほか、盗難検知など一つのデバイスでさまざまなユースケースに活用できる。データの見える化にも対応。設置・接続してすぐに運用できるIoT(モノのインターネット)通信機器として手軽さと利便性を訴求していく。続きは本紙で

持ち運びしやすい手のひらサイズで設置・接続後すぐに運用できる

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る