京都電子工業(京都市)は、高分子材料などの粘度測定装置をリニューアルし、新製品「EMS―1000S」として販売した。新製品は最先端の粘度分析技術を、誰でも簡単に使用できるソフトウエアを搭載したもので、低粘度領域で高精度な測定を実現した。今後、石油化学会社やファインケミカル企業などをターゲットに市場展開し、多様な市場ニーズにこたえる。

粘度測定装置「EMS-1000S」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る