自動車部品メーカーの仏ヴァレオは、車載用のPM2・5センサーと空気清浄機モジュールを開発した。センサーで車内の空気の汚れを感知し、スマートフォンを操作して乗車前に空気清浄機を作動させることで、車内環境を改善させる。2018年末頃の量産化を計画する。


PM2・5センサー(左)と空気清浄機モジュール

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る