伊藤忠商事の子会社である伊藤忠ケーブルシステム(東京都品川区)は、複数のパソコンとキーボード、モニター、マウスの自由な接続を可能にするKVMシステムを医療分野で拡販する。パソコンをマシンルームに集め、離れた部屋から操作でき、スペースやコスト削減、作業の効率化やセキュリティー対策などのメリットが得られる。とくに同社の販売するシステムは従来のKVMシステムと比べ操作性に優れている。テレビ局での導入実績をもとに、手術などで高画質の動画を利用する大病院などに提案していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る