住化積水フィルムは積極投資でインフレーション法設備の生産能力を大幅に拡大させる。今年中に足利工場(栃木県足利市)のクリーンルーム内に2ラインを増設し、早期の商業運転開始を目指す。ユーザーの高機能ニーズに対応し、クリーン度の高い付加価値品を増産する。汎用分野では今年から工場の自動化・省人化に取り組み、国内6工場の生産効率を高めていく方針。付加価値品と汎用品の両分野で事業拡大を狙い、全体の生産能力を2022年度に17年度比1・5倍に引き上げる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る