- 昨年を振り返って。

 「原料高にともない、値上げの浸透を図ったが汎用分野で苦戦した。また、値上げ交渉に時間を割いた分、新規の提案が後手後手に回ってしまったことも反省点だ。足元は原料価格が下げ傾向にあり、提案活動に軸足を移すことで販売数量を伸ばしていきたい。当社は比較的に汎用比率が高いため、利益率だけでなく数量を伸ばすことも重要な要素になる」

 - 事業面はいかがでしたか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る