住友ゴム工業は、関西大学システム理工学部の谷弘詞教授と共同で静電気を利用したタイヤ内発電技術を開発した。ゴム/フィルムベースの柔軟かつ軽量な摩擦発電機をタイヤの内面に取り付けるもの。タイヤの回転にともなう振動を利用して発電素子が電力を発生し、それによりセンサー類やワイヤレス回路が駆動可能で、ワイヤレス信号を送ることができる。同社では、タイヤに取り付けるセンサー類の電源供給として実用化を推進する。続きは本紙で

タイヤの内面に取り付ける柔軟で軽量な摩擦発電機

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る