住友ベークライトはヘルスケア領域の事業拡大に向け、営業などの体制強化に乗り出す。地域の病院を効率的にカバーするために従来はエリア制だった営業組織を専門性の発揮できる製品別に刷新。診療科ごとに提案を最適化しながら医師のニーズを吸い上げて技術開発を加速するほか、オリンパスなど社外との連携も深めて事業規模の拡大を目指す。体外診断用の医薬品を手がける大日本住友製薬との共同出資会社と事業効率化を狙った拠点の再編にも着手する。収益力の底上げにつながる取り組みを強化し、成長市場で攻勢をかける。続きは本紙で

大日本住友製薬と設立した共同出資会社の研究・製造拠点を集約する予定の神戸事業所

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る