住友ベークライトは今年、車載デバイス向け封止材事業に注力してシェア40%を目指す。民生用半導体封止材と違って車載デバイス市場は成長期にあるうえ、封止材使用量も格段に多い。電動化の進展も追い風になっている。トラクションコントロール装置(TCU)やパワーコントロール装置(PCU)の一括封止技術で差別化を進めており、「大物が立ち上がる」(藤原一彦社長)と、見通しは明るい。

モーターの磁石固定にもEMC需要が広がっている

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る