住友ベークライトは高機能樹脂の事業拡大戦略の一環として、次世代通信「5G」関連製品の開発を強化する。すでにポリイミドや液晶ポリマー(LCP)大手が5G通信機器向けで競っているが、同社は強みをもつエポキシ樹脂と非晶性ポリオレフィン(PO)のポリノルボルネン樹脂の特徴を併せた新ポリマーの開発を進め、差別化を図る。まずはプリント配線板向けに製品化するが、「薄型基板材料『LαZ』にも適用を考えたい」(藤原一彦社長)と、用途拡大を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る