住友化学はゴム薬品の高機能化を推進する。天然ゴム(NR)とカーボンブラック(CB)のカップリング剤の適用を拡大するとともに、新たに粘度調整など取り扱い上の性能向上を狙いに同カップリング剤をNRに混ぜ込んだマスターバッチ(MB)を試作。国内外のタイヤメーカー向けにサンプルワークを展開している。同社はタイヤや防振ゴムなどの高性能化に寄与するゴム薬品の開発を通じて、同事業を早期に数十億円規模に拡大する方針。続きは本紙で

芳香族アミノ化合物の「SUMILINK200」

事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る