住友化学が先端デバイス向けの高機能材料を増産する。スマートフォンの顔認証に使われる面発光レーザー(VCSEL)の生産に使われるガリウム・ヒ素ウエハーは現状、米工場主体だが、国内工場でも量産を始める。また次世代半導体プロセス向けのEUV(極紫外線)レジスト市場にも参入を決め、大阪に専用生産ラインを建設中。レジストでは厚膜品も韓国に新たな生産ラインを設ける。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る