【台北=広木功】住友化学の台湾の電子材料拠点である住華科技股份有限公司は、偏光板事業を拡大するためグローバル化と異形化対応の両面戦略を展開する。フラットパネルディスプレイ(FPD)の投資は台湾から中国にシフトしているが、偏光板技術は台湾が先行する。中国の大型FPD工場の立ち上げを支援するなど台湾以外への拡販を目指す。スマートフォンや車載用FPDで急増する異形デザインには要となる偏光板カット技術で差別化を進める。

台湾以外の市場も開拓する住華科技

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る