住友化学は、射出成形で金属より軽量でマグネシウムを凌駕する剛性や衝撃吸収能を実現する液晶ポリマー(LCP)コンパウンドを開発した。長繊維タイプのガラス繊維や短繊維の炭素繊維を配合したグレードなどをラインアップしており、幅広い産業用途で金属代替による軽量化ニーズを掘り起こす。プラスチックで最高レベルの剛性を実現するLCP/炭素繊維コンパウンドでも量産化後は既存の長繊維コンパウンド並みの価格を目指す。LCPは超小型のコネクターなどに使われることが多く、繊維強化コンパウンドで用いられるのは珍しい。繊維強化による優れた物性を訴求して、LCPの新たな市場開拓に乗り出す。続きは本紙で

左からLCP/CFペレット、同長繊維ペレット、LCF/GFペレット。奥はCF長繊維ペレットのプレス成形品

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る