住友化学は、リチウムイオン2次電池(LiB)用セパレーター(絶縁膜)と正極材について、次世代品の投入を急ぐ。セパレーターではアラミドに次ぐコーティング材料として、LiBの安全性の向上に加えて低抵抗化が図れる材料を開発する。複数の材料に的を絞り研究開発を加速中で、さらなる低抵抗化を実現する。高容量化のカギとなる正極材では3元系でハイニッケル(Ni)化に磨きをかけ、コバルト(Co)フリーの本格展開を見据える。LiBは安全性と高容量化がトレードオフの関係にあるが、両機能に直結する部材の進化により、LiBの普及拡大に貢献する。


住友化学のセパレーター「ペルヴィオ」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る