住友商事は硫酸ビジネスを強化する。米カリフォルニア州ストックトン港にタンクターミナルを新設し、10月から本格的に営業を開始する。2万8000トンの硫酸タンクを備えたターミナルで、米国西海岸一帯で唯一の硫酸輸入拠点となる。カリフォルニア州を中心とする西海岸地域は米国最大の農業地帯で硫酸需要が着実に伸びている。同社は消費地近くにタンクターミナル拠点を確保し、需要家への安定供給を図ることで事業拡大を目指す。米国での硫酸販売数量を現行比3倍の年間30万トンに引き上げる計画だ。続きは本紙で

米国最大の農業地帯の近くにタンクターミナルを新設

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る