住友理工は、グローバル生産体制の最適化を推進する。今期は中国で国内市場向けに集中生産体制の確立に取り組む一方、米国では新モデル向け製品の対応強化を目的に生産改善を進める。来期からは欧州、アジア、南米拠点で生産品目の見直しを実施する計画であり、これら施策を通じてグローバル規模での相互補完体制を構築する方針。同社では、積極的な取り組みにより「市場環境の変化に対応できる事業体制を確立する」(松井徹社長)。続きは本紙で

松井徹社長

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る