住友重機械工業グループの住友重機械エンバイロメント(東京都品川区)は、省スペース性に優れる工場排水処理向け超高速型凝集沈殿装置の普及拡大を急ぐ。3年前に超高速型を開発して以降、システム簡略化によるコンパクト化が評価され、高炉メーカー向けで採用が相続いでいる。同社では化学品プロセスや、ファインケミカル工場の排水処理用途に適用範囲を拡大し受注積み上げを狙う。

「スミシックナーZ」はシステム簡略化で凝集沈殿槽を大幅に小型化した

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る