- 業績が着実に向上しています。

 「2018年度上半期の業績を振り返ると、受注高および売上高で過去最高を達成し、全セグメントで増収を確保している。通期予測は、受注高で初めて9000億円の大台を突破する見通し。19年度には売上高も9000億円台に乗せる計画だ。これにより来期に最終年度となる中期経営計画は、受注と売り上げの両方とも9000億円台となる。これを継続的に達成できる事業基盤を構築することで次期中計につなげたい」

 - 射出成形機の市場動向は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る