住友金属鉱山は、ニッケル工場(愛媛県新居浜市)の基盤強化を推進する。新たに原料対応力の向上を目的とした不純物の処理プロセスの増強に着手。副産物である鉄および銅などの回収能力を引き上げることで、受け入れ原料の組成比率に対する柔軟性を高める。操業を維持しつつ反応炉の増設などを実施する計画であり、設備投資額は26億円を見込む。世界のニッケル需要は主力のステンレス向けを主に堅調に推移しており、同社では原料選択肢の幅を広げることで同事業の競争力を確保していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る