住友金属鉱山は6日開催した取締役会で、野崎明取締役常務執行役員が社長に昇格する人事を内定した。6月下旬開催予定の株主総会後の取締役会において選任する。中里佳明社長は代表権のある会長に就く。
 〔野崎明氏=のざき・あきら〕84年(昭和59年)早稲田大学商学部卒、同年住友金属鉱山入社。12年シエラゴルダプロジェクト推進本部管理部担当部長、13年執行役員金属事業本部副本部長兼事業室長、14年取締役執行役員経営企画部長、15年取締役執行役員金属事業本部長、16年6月から取締役常務執行役員金属事業本部長。東京都出身、57歳。(2018/4/9/11)

新社長の最新記事もっと見る