住友電気工業は、中国を中心とした旺盛な需要に対応し、ポリテトラフロロエチレン(PTFE)製水処理膜の生産体制を強化する。水処理膜モジュールを生産する中山住電新材料有限公司(ZSH、広東省)で、今年に続き来年9月にも増産し、2021年までに生産能力を17年比3倍に引き上げる。これに応じて日本の膜素材の生産も強化する。来年9月をめどに既存の生産拠点に代わる新拠点を国内で整備し、中国を中心とした旺盛な需要に応える。

加圧型水処理膜モジュール

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る