住友金属鉱山は自動車の電動化対応を強化する。生産能力増強を行っている電気自動車(EV)用電池向け正極材に加えて、プラグインハイブリッド車(PHV)用電池向け正極材の生産能力も増強する方針。内燃機関車に対する環境規制の強化が進みハイブリッド車(HV)が環境対応車から外されるが、EVや燃料電池車(FCV)は航続距離やインフラ整備などに課題がある。最も現実的な選択肢として自動車各社がPHVの開発を加速するなか、同社は「電池の性能を最も左右する」正極材の需要増に応える構え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る